読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オノデラ、高校辞めるってよ

18歳、メンヘラフリーターのブログ

メンヘラ×ロックの親和性の高さは異常 

音楽

f:id:onotaku75:20170226015220j:plain

DISCOGRAPHY | BLUE ENCOUNT

 

こんにちは、Mrs.Green Apple やBLUE ENCOUNTを聴いていると鬱になりそうなオノデラです。なにが『だいじょうぶ』だよ、全然だいじょばないわボケ。

 

youtu.be

 

邦楽ロックシーンを語るうえで、”病み”や”鬱”といったダウナーな要素は切っても切り離せない。メンヘラという言葉が認知されるより前に、いくつものバンドがそういった負の感情を楽曲に落とし込んでいる。

 

今日は、そんなメンヘラ全快な、これだけは押さえておきたい5つの有名バンドを紹介する。

 

一括りににメンヘラロックといっても、その音楽性は全くの別物なのでひとつでも気に入るバンドがあれば嬉しい。

 

1.syrup16g

youtu.be

まず始めに、不朽の名バンド、シロップを紹介しよう。

 

1996年に結成され、2008年に解散。そして、2014年に再結成された。再結成後は、音楽性が変わっただの言われたが、僕がシロップを知ったのが解散後だったがために、これについては言及できない。

 

まさに、鬱ロック界のキングオブレジェンド。ART-SCHOOLやTHE BACK HORNとで「日本三大鬱バンド」なんて呼ばれてる。この国だいじょうぶかよ・・・・・・

 

彼らのライブチケットを「診察券」、ファンを「患者」と呼ぶことからもヤバさが伝わるだろう。

 

決して演奏や歌が上手いわけでもないのに、彼らの音楽は誰にも真似できなかった。技術とかを超越して、もはや人間性の問題なのだろう。作詞作曲を担うヴォーカル五十嵐は、「愛すべき駄目人間」なんて言われてるくらいだ。

 

2.ミオヤマザキ

www.youtube.com

ミオヤマザキは今更紹介する必要も無いだろうが、こればかりは書かざるをえなかった。

 

先ほどのシロップを’00年代のメンヘラロックの顔とするならば、’10年代のこの界隈を牽引するのは彼女ら、ミオヤマザキだろう。

 

歌唱力、トラックの作り込み、プロモーションのどれをとっても非の打ち所のない恐ろしいバンドだ。

 

蛇足もいいところだが、MVのコメント欄に時たま現れる「おれ、彼女できたことないからこれくらい愛されてみたいわー」って書き込んじゃう童貞は一回刺されて冷静になるべきだと思う。2次元のヤンデレと3次元のメンヘラは別モンだから気を付けような、お兄さんとの約束だぞ☆

 

3.0.1gの誤算

youtu.be

見ろよ、客の雌の洗練された振りを・・・・・・

 

メンヘラとバンギャは住人の層がいい具合に重なっているがゆえに、メンヘラとヴィジュアル系との結びつきも堅いモノとなっている。

 

ちなみに、バンド名の「0.1gの誤算」はつまり、そういうことだよ・・・・・バカッ、言わせんなよ、恥ずかしい///

 

4.sylph emew

youtu.be

最初は、タイトルだけの『なんちゃってメンヘラ』だと思っていた。けれども、台詞パートにあまりにも感情移入している。そうしたら、もう僕の「メンヘラ女レーダー」がうずくよね。

 

僕は断言できる、彼女はガチモンのメンヘラだと。付き合ったら、「来ちゃった」とか言いながら玄関の前に立ってるよ。午前2時に。

 

5.amazarashi

www.youtube.com

最後に、皆さんお待ちかねのamazarashi。僕も信仰してやまないバンドだ。

 

amazarashihは、楽曲の作成やヴォーカルを担う秋田ひろむとキーボードの豊川真奈美によるバンド。

 

秋田ひろむ自身の経験が反映された詞世界がamazarashiの最大の魅力だろう。また、ライブは顔を公開せず、薄いスクリーンにMV等を映写して行われ、その美しさは圧巻の一言だ。

 

amazarashiの楽曲は、一聴では陰鬱に聞こえるかもしれないが、実際はどの楽曲も前向きなものになっている。受け取り方で様々な解釈ができるので、いつまでも飽きないバンドだ。

 

最近では、ゲームとのコラボを展開したり。

 

 最後に

いかがだったでしょうか。毎度のことながら、1mmも音楽の話していませんが悪しからず。

 

女性のみなさんは刺さないこと、男性のみなさんは刺されないことを祈っている。

 

それではみなさん、よいメンヘラライフを。